アメリカ英語かイギリス英語か?

こんにちは。
神戸・英会話エネカ外語学院の川崎です。

よく生徒さんから
“アメリカ英語とイギリス英語を選らばないといけませんか?”
とか
“その場合どちら良いですか?”
とか尋ねられます。

国としてアメリカが好きだとかイギリスが好きだとか言う人は最初から
そういう質問をしないと思います。
そうではない人が、私に参考となる意見を聞いているんですね。

まず、最初の質問ですが、
「選ばれた方がいいです」
が私の意見です。
まぁ、個人的な学習ですので、法律的な縛りがあるわけではないので
「選ばなければいけません」とは言いません。

でも、最初はどちらかに統一しないと学習しにくいですね。
語学の学習に最初にしなければならないのは音の勉強です。
音の勉強をするには発音の教材を使うか講師になる人から習う事になります。
どちらにせよ、教材はアメリカ英語かイギリス英語に統一されています。
一つの教材、または講師が両方の英語を使うのはあまり聞いたことはありません。

私的には音をマスターしてから語彙を増やしたり、文法を勉強していく方が効果的だとおもっています。ここで、2種類の音を混ぜて学習するのは混乱するのではないでしょうか?
どちらかの音をしっかりマスターしたあとでイギリスではこうなる、アメリカではこうなるなどと
後で知ってもいいと思います。
「よくニュートラルな英語で話しましょう」と言われますが、ニュートラルって?
それって東京弁でなく関西弁でもない日本語ってことでしょうか?
名古屋弁(笑)?
二つのイントネーションを混ぜて話すのは分かりにくいですね。
まぁ、教材にしても講師にしてもどちらかの英語に統一はされてますけどね。
発音を勉強すると言うことはどちらのアクセントをまねると言うことになります。
「そんなの後で英語が上手くなってから選べば」
とおしゃる方もいますね。
じゃぁ、上手くなるまでは日本語英語で話せって事でしょうか?
日本語英語じゃ上手くならないし、後で発音を矯正するのは効果悪いです。
英会話学習の初期段階で、ちゃんと発音を勉強していれば、アメリカかイギリスのどちらかのアクセントは自然とついてしまいます。
日本の発音教材はアメリカ英語が多いように思われますで、イギリス英語でと思っている方は
最初の段階で教材や講師を選びましょう。
私は特にこだわりがなければ発音についてはアメリカ英語で指導していますが、
イギリス英語でこだわる方はイギリス式の発音も指導しております。

英語学習の初期の発音教材は限られた物を選んで使いますが、卒業すると沢山の英語に触れる事になります。英語と言う意味ではオーストリアの英語やシンガポールの英語もあります。
一つの英語に絞って教材やスピーカを選ぶのは難しいかもしれません。
こだわらず、学んでいけばよいと思います。

私の場合は発音はアメリカドラマで勉強したのでアメリカですが、文法はイギリスの書籍を使っているので、ネィティブにはとても不思議な英語に聞こえるようです。
でも、アメリカ人になりたいわけでもなく、イギリス人になりたいわけでもなく、日本に住んでいる日本人なので、これで十分だと思いますね。

 

エネカ外語学院 川崎

 

 

 

 

 

 

 

blog
英会話 神戸 三宮|発音・文法はエネカ外語学院