英語系youtuberに物申す!英語のできない人を馬鹿にする動画は辞めましょう。

こんにちは。

世の中はコロナウイルス一色な感じですね。
しばらく、海外旅行もいけないかな。

今日はタイトル通り
『英語系youtuberに物申す。英語のできない人を馬鹿にした動画をあげるな!』
と言うことです。

私も最近、youtubeに動画をアップし始めました。
英語系のyoutuberにはバイリンガールのちかさんや、English boot campのyumiさんなど素晴らしい方々がいっぱいます。
と言うか、殆どの方々は素晴らしい。
素晴らしすぎて自分が動画をyoutubeに挙げるなど、おこがましいとここ2、3年躊躇していました。

しかし、最近、英語教育系ではなく、英語を話すyoutuberでちょっと、気になる人たちがいるんですね。
『英語でピサのデリバリーを頼んでみた』とか『英語で悪徳業者に電話してみた』とか。
電話先の人の英語のできなさを笑うと言うもの。
芸能人向けのドッキリなら、分かるけど、一般人を動画にするなんて
人間の程度が低すぎますよね。
たとえそれが悪徳業者であっても、実際に被害にあった訳でもないので
正当化の余地なしです。ただの悪戯電話です。

最悪なのは法外な料金を支給する英会話学校にかけて、日本人講師と英語のレッスンをするというやつです。
最初は喋れないふりをして、最後にペラペラ喋って、その英語を聞き取れない日本人講師の鼻を明かすと言うもの。
日本人講師だってネィティブではないので、いきなりでは聞き返さないといけない事もあります(私もそうです( ;∀;)。
しかも、そのyoutuberは英語は喋れるけど、微妙なんですよね。
日本語のアクセントもあるし。帰国子女ではないと思います。
私と同じで大人になってから勉強したんじゃないでしょうかね。
だったら、なおさら英語が話せない人達の事を馬鹿にすることが理解できません。

『英語を話せるって別に大した事じゃないよ』と言う人がいます。
私にとってはそうではありません。日本で英語を話せるようになるには、それなりの時間と努力が絶対必要なんです。
野球少年が野球選手に憧れや尊敬を寄せるのと同じ事です。

私がまだ、英語が話せなかった時に英語が上手は方々は
『この文法書が勉強になるよ』とか『この学習法が良いよ』とかアドバイスをくれました。
当時はネットもない時代でしたので、海外に目を向けられ、限られた教材で英語をマスターした方は英語の面だけではなく、人間的にも素晴らしい方が多かったです。
英語をできない人を馬鹿にするyotuberは草野球を相手に動画を取って面白がっている野球選手と同じです。低次元すぎる。
こういう動画にいいねがいっぱい付いたり『英語の勉強になります』とか書き込みがあるんですよね。悲しくなります。
みなさんどう思われますかね?

エネカ外語学院 川崎 望

 

 

 

 

 

 

 

 

 

blog
英会話 神戸 三宮|発音・文法はエネカ外語学院