英語で道案内できますか?

みなさん、外国人の方に英語で道をきかれたことはありますか?
「あったけど、英語がとっさに出てこなくてうまく教えてあげられなかった・・・」とか、「英語話せません・・I, , I can’t speak English!」そして「えっと、そこならあっち!あっちです。」と身振り手振りで方向を教えてあげて何とか乗り切る、という声が生徒さんたちから聞こえてきました。言葉のわからない外国で道に迷ったら心細いですよね。自分に聞いてきてくれているのだから、何とか教えてあげたい!でも英語でなんていったらよかったっけ?そんな親切な皆さん、大丈夫です。

英語で道を教えるときは、まず主語は要りません。動詞から始めてください
Turn right . Go over the bridge, Go straight, などのように、まず行先にむけて歩き出す方向を指示してあげてください。命令文のようで偉そうじゃない?と思わなくても大丈夫です。

何パターンかありますが、まっすぐ行くか、右左に曲がる、の組み合わせがほとんどですので、
それほどむずかしくありません。上の英語に、どこまで、何ブロックまで、何々の角で、を付け加えるとOKです。当校のyoutube OKIDOMETVで説明していますので、ぜひご覧になってくださいね。

うーん、でもやっぱり難しい、という場合。下の文のどれかも使えますよ。

”Don’t worry, I’ll take you” (大丈夫ですよ、私が連れて行ってあげます。)

”I’m sorry, I can’t help you”(ごめんなさい、わからないわ。)

“I’ll ask someone for you.” (だれかに聞いてみますね。)

英語の道案内は、数パターン覚えたらどんどん応用できるので、それほど難しくありません。
みなさん、ぜひ参考にしてくださいね。

 

blog
英会話 神戸 三宮|発音・文法はエネカ外語学院