英語の日記は書いちゃダメ!

今日は英会話の学習でやってはいけない事の中から、英語の日記をつけるのはやめてください、ということを話します。効果が薄いとか時間の無駄とかではなく、逆に英語が下手になるからです。英語で物を考える事ができる方は別ですよ。

英会話学習者は「どうやったら、英語を話している時に日本語が出てこないようにできるか」ということに集中しないといけません。けれど、英語で日記を書くということは、それを妨げてしまいます。ここで言うのは英会話の学習としてであり、受験や翻訳などの、会話とは関係ない英語のことではない、ということをご了承ください。私自身は日記を書くこと自体が嫌いなので、英語で日記を書くなどと言う選択は初めからありませんでした。

まず、それについての私自身の教師体験をお話しさせてください。

私が今の英語学校を作って英語を教えるようになって、10年以上が過ぎました。年の始めになると「今年は英語で日記を書きます!」と言う熱心な生徒さんが時々います。その英語への情熱は
非常に感銘しますので、「それ無駄ですから、やめた方がいいですよ」というような事は言えないんですね。まぁ、やらないよりいいかなと思って以前は「頑張ってくださいね」って励ましていました。

ある時ある生徒さんが、日記を英文で書いたので授業で訂正して欲しい、との事でそうしたんですね。そうすると、日本語を訳した奇妙な文章のオンパレードなんです。
例えば、「なんとなくそう思った」って何て言うんですか?
「ぽかぽか温まる」ってどう言うんですか?と言う質問が一行ごとに飛び出すんですよ。
答えられない質問も多くて、そのたびネットで調べたり、ネイティブにそれっぽい表現を聞いたりしました。もちろん私は英会話講師なので、そういう表現を覚えておくのは自分のためになりますが、講師の立場を離れて、英語を話すという事だけを考えると、日記を英文で書くことは必要ないと思っています。

英語で話していると「この日本語は英語でなんて言うのかな」とかはあんまり考えていません。
それを考えた時点でダメなんですね。英語を流暢に話すと言うことは、どれだけ英語でものを考えて日本語が浮かばないようにするかが大事なのです。いくら単語や表現を覚えても、英語で考えられなければ、流暢に話すことはできません。

英語日記のダメなところは、日本語で内容を考え、それを英語で訳すという作業をしてしまう事なんです。もちろん最初から英語で考えて書ける方は別ですが、たいていの英語学習者が英語で日記を書くと、まず日本語で「朝~をして、それから~」をのように、日本語で考えてから英語に直しますよね。この癖がつくのが一番ダメです。これだと、日本語に当たるすべての英語の単語や表現を覚えないといけません。とにかく、いつも英語を話す時は、頭の中で日本語から訳さないといけません。中にはトレーニングで、日本語からすごい勢いで英語に訳している方もいますね。同時通訳の方がそうです。この方たちは通訳という仕事をしているので仕方ないです。でもお気づきの通り、英語学習者の場合の訳はgoogle翻訳みたいなんです。がんばってるなぁってのはわかるのですが。再度言いますが、英語で日記をつけていると訳する事に神経がいきますので、英会話学習で
一番大切な英語で物を考えると言うことを妨げてしまいます。

他にも英語学習に妨げになる事があります。
文を書く上で、分からない単語を調べますよね。その時、たいていの方はwebweblioとかgoogle翻訳を使うと思います。これ、間違いとは言いませんが、本当に言いたいセンテンスに当てはまらない場合が多いです。場違いな単語やセンテンスを覚えてしまって、そのあともずっと使ってしまうのもダメです。単語やセンテンスはネィティブが書いた文や会話で使っているものを覚えてください。貴方が日本語から訳した英文から覚えては危険です。誰かに間違えを指摘されるまでずっと使ってしまう事になってしまいます。

では、書いてもらった日記を誰かに訂正してもらえば良いのでしょうか?
でもそれは、効果的ではないのですね。私も授業で英語日記をチェックしたときに、三人称のSが抜けているとか、時制の間違えなどの文法は指摘できます。でも、それって文は直りますが、日記のように前後の話の流れを考えると、それだけじゃ足りなくで、日記の頭から文章事変えて書き直さないと自然な文にはなりません。結局、本人ではなく添削者が日記を英訳して終わり、みたいな授業になります。でも文法のミスが直るじゃん?って言われるかもしれませんが、文法のミスを直すなら会話の中で、直してあげた方が効果的だと思います。

英語の日記を書くことは、日本語から英訳する技術を付けたい人にはいいかもしれません。しかし、これは英語で物を考える事ができるひとが、一つの技術として身に着けるものです。
英会話学習にはかえって妨げになります。まず、最初に言ったとおりに英会話学習者は「どうやったら英語を話している時に日本語が出てこないようにできるか」に集中するべきです。英語で日記をつけるのならば、ネイティブの書いたブログを丸写しして覚えるほうが数倍勉強になると思いますよ!

blog
英会話 神戸 三宮|発音・文法はエネカ外語学院