ちょっと付け足したい一言。英語で何と言うの?

こんにちは神戸・英会話・エネカ外語学院に川崎です。

最近は「あなたの番です」にはまっております。
前半でヒロインだった原田知世さん・・・。
可愛いすぎる。
51歳にして、いまだ良い意味での昭和な少女の笑顔。
まさに植物性バニラアイスのような方です。
しかし、ドラマの犯人はだれなんでしょうかね?

今日は「付け加えたい一言を英語で言うと」です。

まず

*やっぱり、君ってすごいよね。
*やっぱり、彼は来なかったね。

この文の「やっぱり」

「君ってすごい」はyou are great

なんだけど、やっぱり「やっぱり」を言いたい!(笑)

私的にはこれって

I knew が一番しっくりくるかなと思います。

文にすると「I knew you were good」

直役では「君がすごいのは知っていたよ」になりますね。

knewはknowの過去系なので、その後に繋がる分も動詞の時制を一致させて

you are good ではなく、you were good になります。

ちなみに

I know you are good

と現在形にすると

「君がすごいのは分かってるよ」

という念押しな感じになりますね。

*やっぱり、彼はこなかったね。

これは「 I knew he wouldn’t come」

ですね。

お次は

*じゃあ、私が手伝ってあげる。
*じゃあ、私はコーヒーにする。

この「じゃあ」は英語で何と表現すればよいでしょうか?

これって英語で当てはまる単語がないんですよね。

でも言いたい。

そこで考えたのですが、 その場で決めた決定に使うwillが良いんじゃないかと。

英語ではinstant decisionと言うwillの用法です。

使い方は簡単。

未来のwillと一緒で動詞の前に入れるだけ。

*じゃあ、私が手伝ってあげる。

I will help you.

*じゃあ、私はコーヒーにする。

I will have coffee

ただし、これは主語が自分でないと使えません。

*じゃあ、彼が手伝ってくれるよ。

これにwillを入れると単なる未来形になります。

では、この場合のwillはどう訳せばよいのでしょうか?

・・・難しいですね。

無理やりなんか入れ3つると

Ok. He will help youかな。

英語的にはかなり自然な表現だと思います。

最後の3つ目は

*とりあえず、5時には帰ります。

の「とりあえず」

こちらは、簡単

anyway

これを分の始めか最後に付け足すだけ。

Anyway, I will be back till 5.

anywayは話を元に戻す時に使われる副詞です。

He can’t help me anyway
彼はどのみち、助けてくれない

というように「どちらにしても、どのみち」という時にも使われます。

と言うことで今日は3つの付けたしたい英語でした。

夏休みにバンコクで撮った写真です。着ているシャツはローカルブランドですが2000円程でした。

 

 

blog
英会話 神戸 三宮|発音・文法はエネカ外語学院