こんにちは、神戸・英会話・教室エネカ外語学院の川崎です。

本日は7月6日です。

お気に入りの垂水駅の散髪を終えて、学校に向かおうとしたのですが、JRは運休中です。
今日は授業をお休みにしておいて正解でした。
垂水駅周辺の殆どの店が閉店しているか営業時間短縮で対応しております。
今、唯一営業しているミスタードーナツでこのブログを書いております。

さて、英語の話。
英語学習を始めた頃は、難しい単語を覚えたり、リスニング力を上げるために集中して英語を聴いたりと頑張ります。
でも、そのやる気も数か月すると下がってきます。
その殆どは本人が英語力の向上を感じられないということが大きな原因でしょう。
まぁ、それは普通ですね。

英会話の学習は筋トレと同じだと私は感じています。
ぐっわ~と重いバーベルを上げて負荷を筋肉にかけていきます。そうすると筋肉は壊れます。
しばらくの間は体がだるい状態が続きます。
その期間にスパーリカバリーと呼ばれる筋肉組織の回復が始まります。
回復が終了すると、次に同じ負荷がきても耐えられるように筋肉は修正されています。
一種の人間の免疫システムですね。
脳も同じで一生懸命、単語を覚えたり、聴いているいる時はただインプットしているだけです。
頭が疲れて「英語でお腹いっぱい」の状態になります。
しかし、暫くすると頭のなかで整理されて定着されていきます。
勉強した単語や表現を授業や英語ドラマなどで耳につくようになります。
覚えた言葉が口からでてくるその後ですね。
僕の講師としての経験だと、2,3ヶ月ぐらいの時差があるように思えます。
「なんか、英語力あがってるかも?」と感じられるようになるとやる気が出て、また集中してがんばれます。
そして疲れて・・。を繰り返しながら英語力をあげていきます。
このサイクルに乗れば将来は貴方はバイリンガルです。
もちろん、ずっと集中力を継続して学習できる方もいます。
でも、そうでない方はやる気が無いときは「もうだめだ」と思わないことです。
そういう時は単語を覚えたり、難しいリスニングやリーディングで学習するのを辞めて、
英語のドラマや映画を見たり、ユーチューブなどで日本語で解説している英会話チャンネルなどを
見て楽しみながら英語に関わることです。
すると、また必ずやる気が戻ってきます。

 

エネカ外語学院 川崎