こんにちは、神戸 英会話 エネカ外語学院の川崎です。

あっという間に2018年。
本当に時の流れは速いものです。
小学校の時は私の今の歳では半分棺桶に足を突っ込んでいるもんだと思ってました。
でも、元気ですよ。

さて、今年も生徒さんの英語力を上げるため頑張ります。
これまで、以上に英会話文法をしっかり教えていこうと思います。

私は英語のフレーズ集の丸覚えはあまり好きじゃないんですね。
私自身も初心者のうちはフレーズ集で勉強を使って学習しましたし、確かに役に立っていることは多いです。
でも、ちゃんと何が主語で何が動詞でどこが副詞句かとかを意識して覚えないと応用ができないんです。
実際話す時は教材どうりのフレーズではなく、応用をしないと話せません。

日本語は目的語が前にくるので、まず〝誰が”゛何をする”をどんな文でも最初に考える癖をつけます。

「昨日、食べたタイ料理は美味しかった」とか「寒いので、半そでは着ないよね」とか
日本語では「誰が」「何をした」が見えない文でも最初にそれを考えて英作する癖をつけるのです。
慣れてきてから、省略や倒置をすればよいのです。

フレーズ集を使って、色々な英作をするのは良いかな。
でも、それは独学では難しいですよね。
何度も生徒さんには、くちが酸っぱくなるまで〝5文型だ!”と言っています。
すっぱ過ぎて梅干しです。
・・・・・・。

anyway.
ここを徹底してレッスンすることを今年のモットにいたします。

神戸 英会話 エネカ外語学院 川崎