こんにちは。神戸英会話エネカ外語学院の中原です。

 当校の外国人講師に「日本人に英語を教えていて、気になるところはどんなところですか?」と質問してみました。「うーん、日本に住んでいると、英語を話す機会が十分にないからね。英語を話すこと自体が恐いと思っている人が多いのかな。」恐いとは、間違ったらどうしようとか、通じなければ恥ずかしいとかいう、あの感情ですよね、、、。確かにあります。だって、こんなに長く学校でも英語習っている(いた)のに、基本的なこともちゃんと話せないなんて。大人になればなるほど、母国語のレベルと比べてしまい、言いたいことがうまく言えなくて、まるで幼児のようで、情けなくて、もどかしい感情が襲ってきたことはありませんか? 私は何度もあります。

でも、それもう断ち切って、そこは外国語習得のために「鈍感な人」になってみませんか?間違って当たり前ですから。だって生まれた時から聞いて使っている言葉ではないですし。

間違えようが、不十分な内容であろうが、やっぱり異文化をもつ人達と話すのは楽しい! 魔法のように、すぐに話せる方法はありませんが、あきらめないで少しずつでも勉強を続ければ、それなりの成果は必ず出てきます。待っていても話せる状況にはなりません。自分に合った英語を話せる環境を作りましょう!