神戸・英会話・エネカ外語学院の川崎です。

最近の授業では一段と英語の発音練習に力をいれています。

まずは個々の正しい音を作れるようになること。
そうすれば、自然と英語口ができてきます。英語口ができれば日本語発音を消すことができます。あとは声に出して音読をくりかえせば、ただの音が言語の音として頭に認識されてきます。そうすれば、リスニング能力も格段とあがり、ドラマや映画を見るだけで語彙や表現を増やすことができます。そこまで生徒さんの能力を上げるのがこの授業の目標です。
たいていの生徒さんは数回のレッスンで英語口にできますが、これを安定させるのは簡単ではありません。音読してもらうと問題はないのですが、実際に話すと文をつくるのに気が行ってしまいカタカナ英語に戻ってしまいます。これを克服するにはカタカナ英語で発音すると不自然に感じてしまうまで繰り返すしかないのです。それにはレッスン中でのしつこいくらいの指摘が必要です。うるさいおっさんだ!と思われてるでしょう(涙)。でも仕方がないですね。発音は「しつけ」みたいなものですから。

発音をがんばりましょう