こんにちは。

神戸の英会話、エネカ外語学院の川﨑です。

 

今日のブログのタイトルはヘンテコですが、

ちょっと個人的な事をお話ししますね。

 

昨日、ある店で外国人のお客さんが英語で注文をしていました。

店員は英語がわからず、すごい勢いで日本語で答えていました。

なんかお互い凄く困っていたようなので、軽い通訳をして手伝ってあげました。

私は学校以外では英語を話す機会はあまりなく、なんか恥ずかしいですね。

しかし、その外国人の方にも店員にも非常に感謝されました。

その時・・BANG!

私の中のDNAに栄養がはいったような感じに。

世の中のためになる事をして感謝されると、こんな良い気分になるのですね。

私、日頃は悪人ですので、この感覚はありませんでした(笑)。

 

ちょっと話はそれますが、もともと私が英語を勉強し始めた理由を書かかしてもらいますね。

それは、外国人とコミュニケーションがしたいとか、外国に住みたいとか、

青い瞳の女性を付き合いたいとかではなく、

スーパーパワーが欲しかったからです。

???

でしょう。

 

私は小さな頃からアメリカンヒーローが大好きでした。

今でこそ有名なスパーダーマンやキャプテンアメリカも昔から大ファンでした。

スーパーパワーが欲しい!

でも手の先からクモの糸を出したり、空を飛ぶのは無理だと子供心にも分かっておりました。

ある日、大学生の時、帰国子女の友達が英語で外人と喋っているのを見て

ビビ~ン!

これはまさしくスーパーパワーだ!

周りの誰もできない力!

とは20歳の私は思いませんでしたが、今考えると無意識にそう感じたのでしょう。

英検やTOEICなどは、どうでもいい。

とにかく話せる事はカッコイイ。

これが、僕の英語学習の始まりでした。

 

スパダーマンやスパーマンはよく言います。

「この能力は人のために使うものだ。誰かの役に立ち感謝されたい。」

ウム、ウム

それは今、よく分かります。

私は英語を毎日、学校で何時間もしゃべっています。

多分、1日の生活では日本語より使っています。

でも、誰に感謝される分けでもないんですね(笑)。

お金もをらってるから当たり前なんですけど。

人を喜ばしたいDNAが栄養不足で死んでいます。

 

いつか、ボランティア活動でもしてみようと思います。

今、医療関係の生徒さんを教えさせてもらっているのですが、色々私の方も勉強させていただいています。

将来、もしチャンスがあれば、医療の通訳をボランティアでできたらいいですね。

 

 

英会話なら神戸のエネカ外語学院