明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

学校の冬休みを利用してソウル経由でバンコクに旅行してきました。

一応、英会話学校のブログなので個人的な旅行の事を書くのもどうかなぁと思いましたが
前半と後半にかけてアップしてきます。

ソウルはバンコクに行く前の寄り道(24時間以内のトランジット)でした。
その目的はなんと言ってもデカルビ(豚焼肉)さま。 
今回も前回のソウル旅行でも訪れた「王妃家」。
一人で食事をする習慣があまりない韓国で一人客を受け入れてくれる店。
ここのデジカルビは肉も柔らかく甘いたれが美味しい。
思いだしてもよだれ物です。
英会話 神戸 三宮 デジカルビキムチやチゲスープなどのおかずがこんなについてなんと1300円程度。
もう幸せ度マックです。
コストパフォーンスが良すぎ。

でも物価は韓国料理以外は日本とあまり変わらないですよね。
朝に日本のタリーズみたいなチェーンのコーヒーショップでモーニングセットを頂きました。
セットといってもソーセージを巻いたパイ生地のパンとコーヒーだけでなんと800円もしました。
高け~。
普通のコーヒーをアメリカーノって言ってました。
少し驚いたのはセルフで砂糖とかナプキンを取る場所にはミルクが置いてなかったことです。
「ミルクはどこですか?」と店員に聞くと
ちょっと不思議な顔をされました。
すると普通の牛乳パックを持ってきて私のコーヒーについでくれました。
ここの店だけかな?とも思いましたが、
セブンイレブンの持ち帰りコーヒーでも棚にはミルクがありませんでした。
「うちの店には置いてません」
といわれました。

神戸 英会話 おすすめ コーヒー  

韓国って日本と似てるのになんか違うんですね。
でも、そこが面白いですね。

ソウルでは一泊だけなので宿を取らずに銭湯に泊まりました。
韓国には泊まれるサウナや銭湯がたくさんあります。
すご~くロ~カルな銭湯で文化の違いが見れて面白かったです。
ちょと日本人だったら引いてしまうところも(笑)。

翌日は夕方の出発なので朝はゆっくりして街をぶらぶらして空港へ。

バンコクに着いたのは夜の11時ごろ。
入国管理局をさっそうと抜けて両外も済ませ、
ここまでは良かったのですが、その後は災難続きでした。

ネットがないと言葉が通じない国では不便なので
空港の通信会社のカウンターにSIMカードを購入に。
この日のために私のスマフォとタブレットはsimフリーで購入していました。
しかし、「こんな機種は見たことがない、設定できない」
と両方つき返される始末。
他二社を回って最後の通信会社でタブレットのみ何とかセッティングできました。
(このボロタブレットは翌日にキーボード機能がおかしくなり使用不可になりsimカードが無駄になりました、涙)。

ここで時間を使いすぎたので空港を出る頃ろには夜中の12時。
ホテルに着いたのが深夜1時。
おまけにホテルでは予約がないと言われ、30分待たされます。
何とかチックした後はお腹がすいたのでホテル近くの24時間レストランへ。
残念ながら「ごめんね。食事は今日はもう終わったの」と。
しかたないのでナイトライフのメッカ、シーロムストーリーにタクシーで向かうことに。
時間が遅すぎたのか開いているレストランが見つからず結局、屋台でブッカケご飯を持ち帰りにすることに。
しかし、ここで失敗が。
ホテルを出たときはもともと遠出をするつもりはなかったので
ホテル名をタイ語で書いたものを持ってなかったのです。
ホテルの英語をタクシードライバーに言っても通じず
やっと5台目で「オッケ~オッケ~」と乗せてくれました。
しかし、グルグル回って探してもホテルが見つからず、
最後に「X◎#%~&x@」みたいな事を言われて降ろされさました。
ぜんぜん「オッケ~オッケ~」じゃない。
まぁ、タイではよくあること。
しかし、ここはどこ?
この夜中に知らない場所で言語もわからず・・・。
I am in the middle of the town even I don not know the language.
旅慣れていると自負しすぎたか・・
ピンチ!
Somebody, help me!! 

しかし、ラッキーなことに10分ほど歩いていると偶然にもホテルの看板を見つけました。
ほぉ~。
そこで、タクシーのなかに持ち帰りのブッカケご飯を忘れてしまったのに気づきます。
結局、ホテルに戻ってルームーサービスでパッタイを頼んでいただきました。

やっと眠りについたのは早朝4時。
旅先の貴重な時間とお金,そしてエネルギーを消耗してしまいました。 
まぁ、旅とはそんなもんです。

その2に続く