だんだん暑くなってきましたね。
神戸・英会話・エネカ外語学院の代表・川崎です。

最近の発音強化レッスンで生徒さんの発音がメキメキよくなっているように思えます。
数週間の学習で流暢に話せるまでの語彙や表現を増やすのは難しいのですが、発音が聞き取りやすくなるだけで、かなり英語が上手になったようにきこえますね。

さて、発音の次は文法ですね。これがまた難しい~。
三人称の動詞のS。例えばshe likes。もし、何かしらの英語のテストでlikeかlikesを選べとなったら、英語学習者は間違えないでしょう。だから、軽視してしまいます。しかし会話になると殆どに方はsを付け忘れます。まずはここから直さないとダメですね。他の会話中の典型的なミスは目的語を分の頭に置くことと時制の不一致です。Tokyo I go yesterdayなど。これらは間違えても意味が通じるので英会話の学習者の意識が向かないようです。でも聞き苦しい英語であるにはかわりません。日本語で例えると“東京、行くよ、私、昨日”みたいなものです。これでは数分話していると聴き手が疲れてきます。授業ではできるだけ注意をして言い直しをしてもらいます。それによって自然な英語を口が覚えるようになるはずです。さあ、会話文法をがんばりましょう。

英会話の発音と文法

関連記事 

神戸 英会話 エネカ外語学院 : 目指せ!文法美人