こんにちは。
神戸・英会話のエネカ外語学院の川崎です。

またまた、ブログのほうはご無沙汰してしまいました。
本当は前回の旅行の続きを書くべきなんでしょうが、ちょっと昔のことになってしまい
伝えたい熱が下がってしまいました。
また、激しく思い出した時にかきますね。

そうそう、今年は何か新ことをしようと思い英会話の動画を取ってみました。

テーマーは英語の母音の発音です。

私の授業で発音を指導する時は個々の母音子音を指導しマネをしてもらいます。
生徒さんも何度か繰り返すうちに上手に発音できるようになります。
ただ、次のレッスンまで時間があくので、自宅でも練習できたら良いなあと常々思ってました。
youtubeなどでも個々の発音指導はアップされているのですが、
ほとんどが英語のネイティブによる説明です。
ちょっとハードルが高いかなと。
口の開け方や日本語との比較を日本語で説明できればとても有効です。

そういう事で私自身で動画を作ろうと考えました。
この動画と授業を組み合わせれば素晴らしい成果がでるはず!

で、今年の始めから何本かとってみました。

が取った動画を編集時にチェックしてみると

・・・・テンション低すぎ。

・・・・声がちゃんと聞こえない。

・・・・ちょと横を向くと寝ぐせが見える

・・・・自分が醜くすぎる。

など色々な理由で却下になりなかなアップできません。

動いている自分を観るというのは本当に恐ろしいことです。

「私はこんな風に話すんだ」

「私はこんな鼻をしてるのか!」

「私はいつもこんなうつろな目つきなのか?」

もうビデオの内容よりも自分の容姿に意識がいってしまいます。

「やはり右向きより左向きのほうが私は映りがいいかも」

「カメラが下すぎて実際より二重あごかも」

「セリフかみすぎかも」

こんな感じで取り直ししばかり。
なかなか編集するところまでいきません。

youtuberたちのビデオをよく観ますが、彼らはかなりカメラ慣れをしてるみたいですね。
普通の部屋で取っているように見えても、撮影用のカメラ、照明器具、マイクなんかをセットしてます。

カメラを通すと私たち凡人は普通に話すと声はボソボソしてるし、全体にテンションが低くなります。
ですので、万弁の笑顔とハイテンションの声は欠かせません。
一人で取っていると少し恥ずかしくなります。
でも、取り直しする度にカメラ慣れもしていくようで
少しづずよくなってきていると思います。
というか、カメラの中の自分を見るのに慣れてきただけかも。

とりあえず、なんとか来週中にはアップできたらと思います。

ではsee you in video!

神戸・英会話教室 エネカ外語学院 川崎