こんにちは。神戸・英会話・エネカ外語学院の中原です。

当学院に英語を習いに来られる方の中には、お仕事で英語を使うので何とかしないといけないんです!と駆け込んで来て下さる方もいらっしゃいます。ところが語学というものは・・・悲しいかな、短期間で夢のように身につくものではないのですね。

海外の取引先や顧客とのメールでのやり取りは、まだ少しでも考えて辞書をチェックし確認する時間があります。ところが、電話でのやり取りときたら待ったなしで、怖いことこの上ない!ですよね。私は過去に貿易会社に勤務していたとき、アフリカのお客さんからの電話で、まず最初にそのお客さんが発した名前が聞き取れなくて、3回聞き返して名前がやっと分かったところで彼のプリペイドカードが切れてしまい、それきりつながらなくなってしまった申し訳ない思い出があります。その他、バングラデッシュのお客さんにいたっては、最初のHello と最後のByしか聞き取れなかったことも、悲しい思い出です。それでも、外国の方と文化や習慣の違いを乗り越えて仕事のやり取りができるのが楽しくて、たとえ最初は語彙の少ない決まり文句しか使えなくても、返事が来たら嬉しくて、まして商談がまとまったときなどは、飛び上がりたい気分でした。

1件のメールの簡単な返事に、時間をかけてあれやこれや表現やスペルを確認したり、海外の電話番号表示にどきどきしながら、緊張しきって電話をとったりしていたころと比べて、各段に上達したわけではありません。でも勉強を続けて得たものは、間違いを過剰に恐れない度胸を得たことです。何回もどきっとしたり、後で間違いに気が付いて恥ずかしい思いを繰り返しているうちに、日本人なのだから間違って当たり前、失敗を恐れずに前に出ようという気持ちになってきました。

まだその過程を経験されてなかったら、ぜひぜひお勧めしたいと思います。

 

nkahara20163

エネカ外語学院 中原

関連記事

神戸 英会話 エネカ外語学院ブログ : 英語の発音しつけます